急いで名刺を作りたい方へ!1日で名刺を作成するポイント

どうしても今すぐに名刺がほしい、そんな場面に出くわした方も多いのではないでしょうか。あるいは、ストックがあるかと思っていたのに、実はもう数枚ほどしか残っていない、というパターンもあるかもしれません。そこで、そんな急いで名刺を作る必要のある方は、1日で作成できるポイントを押さえておけば、慌てずに済むはずです。

関連:名刺作成システムを使うメリットとデメリットとは

名刺を自作で用意する利点とデメリット

とにかく当日中に名刺を用意したい、という場合は、自作で用意する方法が最も手軽かつ確実な方法でしょう。名刺は自作あるいは業者に依頼することで用意できますが、スピード重視の印刷業者でも当日中に用意することは難しいのも確かです。

そのため、あと数時間後には名刺を用意していなければならない、という場面では自作が適した方法と言えるでしょう。

用紙とプリンターさえ用意しておけば、簡単に作成できるのもポイントでしょう。名刺を作るというのはハードルが高く思えるかもしれませんが、実はそこまで難しい作業ではないのです。また、名刺のテンプレートとして使えるデザインも簡単に用意できます。

ネット上には様々なテンプレートが流通しており、少なくともシンプルなデザインの名刺を用意したい場合には簡単に使いやすいテンプレートを見つけられるでしょう。元々使っていた名刺がシンプルなデザインであったり、質より量を求めている方は自作でも満足できることが多く、またコストも掛かりません。

一方で、一見とても便利そうなこの方法も、デメリットが存在します。特に大きいのが、業者に依頼した名刺ほどのクオリティを保つことが難しいことでしょう。流石に本格的な業者が印刷する名刺にはクオリティも敵いませんし、ビジネスシーンで使うには不適格なクオリティになりかねません。

また、不慣れな方はうまく印刷できない恐れもあります。サイズがイマイチ調整できなかったり、思うようなデザインにならなかったりと、名刺印刷においては様々な失敗パターンが考えられるのです。もし急いで名刺を作成しなければならない場合、そうした失敗によって時間がかかってしまい、結局業者に依頼したほうが早く済んだ可能性も否定できないでしょう。

関連:名刺作成にかかる平均的な料金を知っておこう

即日発送できる業者を

できれば明日までに用意したい、そんな場面では業者に依頼する方法が一般的です。名刺を作成している業者の多くは、スピードを重視することで顧客獲得を狙っています。そのため、多くの印刷業者が即日発送を可能としていますし、急いで依頼すれば明日にでも依頼した名刺が届く可能性があるのです。

また、近くに店舗がある場合、店頭受取を選ぶことで即日中に受け取ることも難しくありません。

もちろん、店舗営業日でなければいけませんが、近くに店舗があるという方はこの方法を選んだほうが結果的に早く済む可能性もあるでしょう。100枚200枚と大量の名刺を依頼したいのではなく、とりあえず10枚でもいいからほしい、という方向けのサービスも展開されています。

例えばプリントメイトでは、ハイスピード名刺印刷を掲げているため店頭受取を利用すれば10枚からでも受け付けています。必ずしも大量の名刺を依頼する必要はありませんし、ちょっとした枚数からでも受け取れるため急いで名刺を用意したい方にうってつけです。

また、まだ名刺のストックが残っている場合は、その名刺をスキャンすることで名刺を増やし急場を凌ぐことも可能です。スキャンするなら多少オリジナルなデザインが組み込まれていたとしても対応できますし、時間もかからないため当日中に受け取ることも可能です。

1日で名刺を受け取りたい、けど多少独特なデザインのため受け付けてもらえるかわからない、そんな方向けのサービスと言えるでしょう。

関連:10枚から注文できるオリジナル名刺作成

土日祝日に要注意

名刺印刷業者の多くは週末を非営業日としており、その間は申し込みを受け付けても実際に印刷し発送するのは次の営業日に回される可能性が高く、1日で名刺が届くかどうかが怪しくなってしまいます。そのため、すぐにでも欲しい場合はなるべく平日中に対処することで、確実に営業日に申し込みを受理してもらえるよう動きましょう。

また、印刷業者の多くは、平日の夕方までなら即日で名刺をデザインし、渡してくれます。急いでいる方にとっては非常に魅力的なサービスなので、名刺の印刷を依頼する場合は平日中に済ませることを意識しましょう。

クオリティは大丈夫?

1日で発送されるとなると、それなりにクオリティも低下してしまうのでは、と考えてしまう方もいるかも知れません。しかし、名刺にはそれぞれ適した素材があるように、素材ごとの特色を把握しているのも名刺印刷業者の強みです。

急いで印刷するからといって決してクオリティが低下することはありませんし、どこに出しても恥ずかしくない一級品の名刺を発送してくれるでしょう。名刺を受け取った際、ペラペラのいかにも低品質な紙が使われていると、それだけで社会人としての資質を疑われかねません。

そんな状況に陥らないよう、できる限り名刺の印刷は専門業者に依頼したほうがオトクなのです。

対応エリアを確認しておく

発送から到着まではしばらくかかるため、即日発送可能なエリアを指定している業者も多く、自分が住んでいるエリアが対応エリア内なのかどうかを確認する必要があるでしょう。もしも対応エリア外の場合は、多少到着するまで日にちがかかることを覚悟しておかなくてはなりませんし、場合によっては追加料金がかかる可能性もあります。

関東地方や中部地方などは基本的に問題ありませんが、九州や北海道などは対応エリア内なのかどうか要チェックです。

送料を確認しておく

送料に関しては、基本的には一定の料金以上で無料になることが多く、数十枚依頼したくらいでは送料はかかると考えて問題ありません。また、多少発送を遅らせてもよいのであれば送料を無料としている業者も多く、1日ではなく数日くらいなら待てる、という方はこの方法を選んで送料分浮かせることも考えておくとよいでしょう。

基本的に、名刺の印刷は急げば急ぐほど時間がかかる仕組みになっています。スピードを取るのか、それとも料金面を取るのか、その場その場に合わせて適切な方法を選ぶことを考えておきましょう。また、1日で届くようにしたいのであれば、料金面における予算を多少高めに見積もっておいたほうが確実です。